7月 30日

なぜ夏バテをしてしまうのか?

7/27放送の笑っていいともでは、「目指せ連続正解クイズ!わかってない」のコーナーで、意外と知っているようで知らない人体の不思議クイズが行われた。
テーマに沿ってその分野の専門家に来て頂き、実際に『意外と理由がわかっていない事』を「わかってる」or「わかってない」でレギュラー陣らが当てる。

今回のテーマは「人間のカラダ」で、医学博士の吉田たかよし博士が、解説員として登場した。
質疑応答は以下の通りである。

■夏バテすると食欲がなくなる理由は、分かっている?分かっていない?
→分かっている。
汗をかくことによって体内の水分が不足してしまい、胃の消化液が出にくくなり、食欲がなくなってしまう。
そして、食欲がなくなると素麺や蕎麦など、食べやすい物を食べてしまうが、それによってたんぱく質やビタミンが不足し、胃の粘膜が荒れてしまい、更に食欲がなくなるという悪循環が起きてしまう。
夏バテには、胃腸の夏バテと脳・神経の夏バテがある。

胃腸の夏バテ予防法
・たんぱく質とビタミンが多く含まれているバランスの良い食事(うなぎや豚肉など)
・よく噛んで食べる
・食事中は冷たい飲み物は飲まない(ホットミルクが良い)

脳・神経の夏バテ予防法
・睡眠をたっぷり取る
・屋外と屋内の5℃以上の温度変化を避ける
・足水で身体を冷やす。首を冷やす。

■なぜ、食後に運動するとわき腹が痛くなるのか、分かっている?分かっていない?
→分かっていない。
従来は、脾臓が痛むと考えられていた。
しかし、胃や腸なども痛む場合があり、どんな場合にどこが痛むかハッキリと分かっていないそうだ。
準備運動を10分くらいすれば痛まないと言われている。

■なぜ、お酒を飲んだ後にラーメンが食べたくなるのか、分かっている?分かっていない?
→分かっている。
お酒を飲むと肝臓がアルコールの代謝に手いっぱいになり、糖分を作れなくなる。そうすると血糖値が下がり、脳はお腹が減ったと勘違いして、食べたくなるそうだ。
なぜラーメンなのかは、麺類とお米は炭水化物なので、肝臓を使わなくても血糖値を上げることが出来る。そのため、お酒のシメには雑炊やおにぎりや蕎麦が好まれるようになるようだ。

医学の進歩により多くの事が分かってきてはいるが、まだ未知の部分も多いようだ。

人気記事:

| この記事をTwitterでつぶやく
2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

当サイトの趣旨については下記のページを御覧下さい。
TV Pickerとは

ご連絡はこちら
TV Picker 編集局

ソザイジテン