4月 15日

なぜ、年をとると耳毛がボーボーになるの?

4/13放送の笑っていいともでは、「目指せ連続正解クイズ!わかってない」のコーナーで、意外と知っているようで知らない人体の不思議クイズが行われた。
テーマに沿ってその分野の専門家に来て頂き、実際に『意外と理由がわかっていない事』を「わかってる」or「わかってない」でレギュラー陣らが当てる。
5問連続正解するとスタジオアルタ地下2階にある『銀だこ』の全種類のたこ焼きがレギュラー陣全員にプレゼントされる。また、10問正解すると豪華賞品がプレゼントされる。

今回のテーマは「人間の身体」で、医学博士で医学ジャーナリストの森田豊博士が、解説員として登場した。
質疑応答は以下の通りである。

■アルミホイルを噛むとキーンとなる理由は、分かっている?分かっていない?
→分かっている。
これは、ガルバニー電流といわれる現象。
アルミホイルと銀歯などの種類が違う金属が接触する時に発生する電流で、それを歯の神経が感知し、ビリッと感じる。

■なぜ「ほくろ」が出来るのか、分かっている?分かっていない?
→分かっていない。
ほくろとは、メラニン色素が含まれた細胞が、高い密度で集まったもの。
しかし、なぜ集まるのかは分かっていない。
ほくろから毛が出るのは、メラニン色素から毛が出やすいため。

■血は赤いのに、血管が青く見える理由は、分かっている?分かっていない?
→分かっている。
血液の中に酸素が多く含まれているのは赤く見えるが、酸素が少ない血液は青く見える。
表面から見えるのはほとんど酸素が少ない静脈のため、血管が青く見える。
手術をして見える赤い血管は、動脈のため赤いそうだ。

■年をとるとなぜ耳毛がボーボーになるか、分かっている?分かっていない?
→分かっていない。
1、加齢と共に毛の生え変わる勢いが遅くなり、耳毛が抜け変わらずに残る・・という説。
2、男性の場合、年をとると男性ホルモンが身体の表面の毛を多くするので、耳毛も増える・・という説。
など色々な説はあるが、まだ医学的には立証されていない。

■なぜ恐いと鳥肌が立つのかは、分かっている?分かっていない?
→分かっている。
人は恐怖や寒さや感動など、予想外のショックを受けると体がパニック状態になる。
すると、交感神経が働き、立毛筋という筋肉を縮めるので皮膚が引っ張られ、鳥肌が立つ。

医学が進歩している昨今だが、人間の身体についてはまだ謎だらけのようだ。
研究している人が少ない分野もあるそうなので、解明されるまで時間を要する分野もあるだろう。

人気記事:

| この記事をTwitterでつぶやく
2017年11月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

当サイトの趣旨については下記のページを御覧下さい。
TV Pickerとは

ご連絡はこちら
TV Picker 編集局

ソザイジテン