9月 29日

安田成美『私女の人としては、もうだめかもしれない。』

9月24日放送の僕らの音楽では、「僕らの音楽セレクション」第二夜ということで、
2010年上半期に行われた対談の未公開シーンの特集で木村カエラと安田成美との対談の様子も放送された。

木村から、仕事と家庭の両立について聞かれた際に
安田が家庭と職場での扱われ方の違いや復帰するうえでの心境を告白した。

安田「現場では、ほら、『安田成美さん』、『安田さん』、『成美さん』と呼ばれるけど、
主婦って、『どこそこの奥さん』、『なんとかママ』だから・・現場にいるときは
(誰かの奥さんやママという立場ではなくて)私なのねって・・ウフフ」

木村「いいですね、なんか、輝ける瞬間というか」

安田「そうそうそうそう」

木村「でも、お休みをされているのでね。子どもが生まれてからって・・」

安田「うん、そうそう」

木村「どれくらいお休みされたんですか?」

安田「30代は、ほとんど映画一本撮ったかぁ、撮らないかぁ、ぐらいかな。撮ったかな?」

木村「お休みされて不安になったとか、ブランクを感じることは、されました?」

安田「私、前に14キロ太ったのね。ぼよ~んと太って、しおれて、太って、しおれてをやってると、『私女の人としては、もうだめかもしれない。見てもらえないかも世間では~』とかっていう焦りはあった。」

木村「どうやって痩せたんですか?」

安田「疲労で痩せた」

木村「育児で?」

安田「育児で。母乳あげたり、お風呂に入れたりで」

木村「でも、ぜんぜん大丈夫だったんですね。復帰したとき。」

安田「ギリギリ!ギリギリだよ!」

女性は、いつまでも一人の女性として見られたいもの。
家庭にいると、一人の女性というよりも、誰かの奥さん、誰々のママとしてみられることが多い。

女優として輝いていた頃を経験している安田成美も
もう一度、一人の女性として輝きたいという心境を打ち明けていた。

人気記事:

| この記事をTwitterでつぶやく
2018年1月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

当サイトの趣旨については下記のページを御覧下さい。
TV Pickerとは

ご連絡はこちら
TV Picker 編集局

ソザイジテン