5月 25日

絵が下手なマンガ家西原理恵子が著名な人気マンガ家と画力対決を企画した理由は?

西原理恵子といえば、「ぼくんち」「毎日かあさん」などで数々の漫画賞を受賞。
2009年は「いけちゃんとぼく」、「女の子ものがたり」が映画化され話題となった。
そんな西原理恵子の漫画の特徴といえば、俗にヘタウマと呼ばれる個性的なタッチ。
自身も絵は下手と断言している。

しかし、そんな西原が無謀とも思えるイベントを始めた。
それは人気マンガ家との画力対決。
有名マンガのキャラクターを記憶のみで描きどちらがうまいか競うというものである。
対戦者は浦沢直樹、ちばてつや、藤子不二雄A、と大御所ぞろい。

なぜこんな無謀な対決を試みたのか、「人生が変わる1分間の深イイ話」が真相に迫った。

西原理恵子が画力対決を始めた理由とは…
「わたしだけじゃなくマンガ家にも意外と絵が下手な人もいる」
「自分のマンガのキャラクター以外は上手く描けない事が多い」
西原がその代表格と思ったのは「カイジ」の作者福本伸行。
実際福本に描かせると、サラリーマン金太郎もあしたのジョーも、すべてどうみてもカイジになってしまう。

西原も福本も口を揃えて言う。
「絵が下手でもマンガ家になれる」
西原はこのイベントを通してこのメッセージを伝えたかったのだという。

もっとも出演した本人は「基本笑ってもらったらね、漫画家だからね」とそれほど深い話ではないと飄々としていた。

(人生が変わる1分間の深イイ話 5月24日放送より)

人気記事:

| この記事をTwitterでつぶやく
2018年1月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

当サイトの趣旨については下記のページを御覧下さい。
TV Pickerとは

ご連絡はこちら
TV Picker 編集局

ソザイジテン