2010年 4月 24日

ROOKIESの新庄慶役でブレイクした俳優の城田優だが、母親はスペイン人で、現在は母親方のスペイン国籍を取得している。
3歳から7歳までの幼少期をスペイン・バルセロナで過ごした。
20年ぶりにバルセロナの母校を訪れ、彼がかわいい後輩たちに送ったメッセージとは?
生徒たちの質問:俳優になるために努力したことはありますか?
城田のメッセージ:少し勉強したけど僕にとって音楽みたいに、何か好きなことが出来たときに集中して努力するということ。
数学も一緒だよ。努力は惜しんではいけないんだ。
やりたいことを探す
好きなれるものをみつける
そして努力をするんだ!
今田耕司:カッコ良過ぎるでしょ!これ!
城田:その何だろう、努力というか、やっぱり好きなことはとことんやったほうがいいし、いろんなことに興味をもって…
今田:諦めちゃダメだよ!っていう。
城田:そうそう。
城田:いつか…スペインで俳優ができたらいいなと思いますね。そしたらもっと現実味がある。
今田:スペインの作品とかね。
(アナザースカイ より)
城田は歌う事が大好きで幼少の頃から自然に芸能活動に興味を持ち、自分がテレビに出るようになることを信じて疑わなかった。
しかし長身かつハーフ特有の顔立ちであるため、演じられる役柄が限定されてしまい、悔しい思いをしたという。
舞台で経験を積み、ブレイクまで這い上がってきた城田だからこそのメッセージだろう。

吉本ブサイクランキング3年連続第一位のフットボールアワーの岩尾望。
最近のGATSBYのCMでも、キムタクに変身するすばらしい洗顔シーンを披露している。
数年前の計測では、ウエストが90cmを超えていて立派なメタボ。
薄毛の問題があるとかないとか・・・ブサイク芸人の王道的な存在である。
そんなブサイク芸能人・岩尾の大事な顔に大変なことが起きたという。
岩尾:
「舞台の稽古中にセットにが~んとぶつけちゃって…」
「で、血がだ~っとでちゃって~」
「じゃあ、もぉすぐ病院行きましょうってなって~押さえてもらって、行ったら結構切れてるから、縫わなアカンて言われて。」
「で、うちは外科なんで外科が手だすよりもうまい病院があるからそこを紹介してあげると。」
「あなたやっぱ芸能で顔で商売してはるでしょ。」
・・・
(アメトーーク!より抜粋)
結局、痕に残らないように上手に縫ってくれる病院へ行ったそうである。
顔にキズがないにも関わらずブサイクだからこそウリになる!
キズがあってブサイクなんてそんなの当たり前!
というのが岩尾のポリシーだそうだ。
やはり芸能人は顔が命なのか。

2010年4月
« 3月   5月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

当サイトの趣旨については下記のページを御覧下さい。
TV Pickerとは

ご連絡はこちら
TV Picker 編集局

ソザイジテン