2010年 4月

近年、医療の現場では「患者様」という言葉が多用されるようになった。
本来、ネガティブなイメージを持つ言葉に「様」をつけると皮肉のニュアンスになるため、敬語としては違和感を覚える人も多いという。
例えば、「怪我人様」「不合格者様」といった具合である。
ところが、ほっしゃん。によると「患者様」は全く違和感がないというが…
ほっしゃん。:
医者と患者は平等やったらあかんと思うんですよね。
患者を上にみて、「なんとかあなたさまの病気をわれわれ(が治させていただきます)…」
萩原博子(経済ジャーナリスト):
それって全然逆だと思いますよ。
お医者さんの方が技術があって色んなことをよく知っていて、で、だから私たちはお医者様っていうじゃないですか?
「お医者様」っていうのにあんまり違和感が私はないんですよ。
それはお医者様の方が技術もあり、経験もあり…
ほっしゃん。:
いや!技術と経験がある人は当たり前ですよ!
絶対みんなから尊敬されるんです!
そのすごい人達だからこそ、「患者を治したる」じゃなしに、「治さしていただきます」っていう気持ちを持っといて欲しいなっていう…
(みんなでニホンGO! より)
番組では、インフォームド・コンセントが確立し、患者の立場が向上したこと、医療過誤訴訟による医療への不信、医療費の患者負担の増加、小泉政権下の構造改革によって民営化が推し進められ、医療がサービス業として位置づけられるようになったことなどを時代背景として、患者が「お客様」として扱われるようになり、「患者様」という呼び方が一般化してきたのではないかと推察されている。
また、『厚生労働相の医療サービスの質の向上に関する指針』で患者の姓には原則として様をつけること(例:山田様)という規定が勘違いされたことをきっかけに「患者様」が蔓延したのではないかとも説明されていた。
2005年には『いらっしゃいませ、患者さま。』という邦画も公開されおり、医療を競争原理の働くサービス業として見る見方が広まっているのだろう。
ほっしゃん。の見方は旧態依然のそれではなく、時代を反映した見方といえるかもしれない。

親の七光りと揶揄されながらもメディア露出が急増中のIMALU。
父に明石家さんま、母に大竹しのぶを持つ、芸能界のサラブレッドである。
両親がともに芸能界の大御所であるため、恋愛事情もなにかと大変だとか。
松嶋尚美:ここは特にな、両親有名やからさ、どっちか一人じゃないやん。
IMALU:特に父親のイメージが「結婚させん」みたいな感じで言ってるから、余計こうなんか…。
こないだテレビで嵐の櫻井翔さんが一緒に出られてて…
「櫻井でもダメや!」みたいな事言ってて。「じゃあ、あたし誰と結婚できるの?」ってなるじゃないですか!?
日本のトップスターですよ!?
松嶋:そうやね~。
IMALU:トップアイドルでもダメやっていって…
松嶋:でもお母さん自由そうやもんねその辺
IMALU:意外に結婚とかになるとあっちの方が色々言ってくると思います。
相手に対しての悪いところを突っついてくる。
父親の方はあんまり言わないんですよ私に対しては。
(グータンヌーボ より)
IMALUは15歳から18歳まではカナダにいたため、
現地でカナダ人の彼氏ができても親に会わせるタイミンがなかったこともあり、
いままで親に彼氏を会わせたことはないらしい。
今は彼氏はいないということだが、彼氏ができても親には会わせたくないと言う。
IMALUは男にとって色々な意味でハードルが高い!?

ゆまちの愛称で親しまれるギャルのカリスマ高橋由真。
渋谷系ファッション雑誌eggのモデルとして活躍している。
実はすでに結婚しているゆまちは挙式から一年と新婚ホヤホヤなのだが、
本人によると夫とはなかなかうまくいかない日々だという。
小熊美香(アナウンサー):ご主人とはどうやって知り合ったとか?
ゆまち:江ノ島でナンパをされたでございます。
小熊:ナンパ婚!?
ゆまち:でも、なんかダメなんですよ。
小熊:え?大丈夫ですか?離婚の危機?
ゆまち:違うんですよ~。なんかたぶん今不器用な人間なんだと思う。
小熊:ゆまちさんが?
ゆまち:好きとかいえないし、言えますかぁ?
小熊:甘えられないってことですか?
ゆまち:あまあまあま、あま、甘えられないです…
相手は好きとか言ってくれるんですけど、「ゆま大好きだよ」って、でも「ゆまは?」って聞かれると「好きじゃない!」とかいっちゃうんですよぉ~。
小熊:ゆっちゃうんだぁ~!
(小熊のベア部屋 より)
不器用なために新婚生活はケンカが耐えないという。
意地を張って、謝ることができず、仲直りがうまくできないらしい。
ゆまちはeggのモデル愛奈と共にミニアルバムを発売し、歌手活動も行っている。
歌で愛情表現を伝えてみるのはどうだろうか。

1984年4月に新日本プロレスへ入門し、同年10月にプロデビューした蝶野正洋。
1987年、遠征先のドイツでは現在の夫人であるマルティナ・カールスと出会った。
長男が3歳になり、去年の8月に長女が誕生したが、子どもができてから妻に女性らしさを感じるようになったという。
蝶野:かみさんもオレと歳近いんですけども、子どもができてからの方が、なんか女性らしさを感じますね。
ていうのも今まで二人っきりのときは、オレを異性として、あの、まあ標的物としては一人しかいないわけです。
小堺:標的物!?
蝶野:うん、だけども、お兄ちゃんが生まれてからは、要は男の子じゃないですか?要は男の子は同じような行動をしているわけですよ基本的には。子どものレベルだけども、言うこと聞かない、好きなことしかしないっていう。
小堺:(蝶野さんは)大人だけど言うこと聞かない、好きなことしかしないってことですね。
蝶野:ま。そうです。それを、子どもだから、小さいから温かく見守っているんでしょうね。
その横顔が…
小堺:優しい!?
蝶野:優しくて、前はこうなんかチェックされているような感覚だったのが、子どもに対しての横顔を見ていると、全部を受け入れてあげているような…
小堺:親としてね。
蝶野:そのままこっち向いてくれればいいんですけども、それは向かないんですけどね。
小堺:蝶野さん、奥さんの話していると汗どんどんかいてきますね。こんな蝶野さん始めてみますけど。大丈夫ですか?どんどん汗吹き出ていますよ?
強面の蝶野正洋だが、奥様にはタジタジのご様子。
ドイツ人の妻は時間に厳しいようで、時間にルーズな蝶野はいつもきつく絞られているという。
蝶野の遅刻壁は有名な話で、集合時間より早い時間を集合時間として伝えることを“蝶野時間”と言われている。
時間感覚の溝は深い。
子どもに向けられた優しい母の顔が蝶野自身に向けられることは期待できないか・・・。

映画「てぃだかんかん?海とサンゴと小さな奇跡?」で主演を務めたナイティナインの岡村隆史。
沖縄で撮影を終えてタクシーでお店に向かっていたところ、さんまから急な電話が入り、その日は一日極度の緊張状態になってしまったという。
岡村:(さんまさんが)違う番組でIMALUさんと(自分が)共演してんのを見てて…
ほんで(自分はその時)沖縄でムービースターやってたから、ムービースター気取ってたわけですよ。
上田晋也:なるほど、バラエティーモードじゃないぞと。
岡村:そうそうそう、ほんなら、もう、電話に明石家さんまって表示されて、また怒られるわぁと思って。なんかミスあったかなぁと思って、電話取ったら…
『オイ!!IMALUな、あんまりいかしきってくれへんかったな』
『なんでおまえオレの話せえへんのや。オレの話まずせなあかんやろ。まずオレを面白くしてからIMALUやろ。おまえの話どうでもエエねん。』
上田:怖いなぁ!
岡村:『スイマセン!!申し訳ないです!』って言うて、そっから飯食うっていうのに、こんなんですよ(死んだような表情)。
泡盛飲んでも全然入っていかへん。
(おしゃれイズム より)
さんまの急な電話には戦慄が走るようだ。
いつも怒られてばかりでスイマセンと平謝り。
そんな恐怖の電話をぶちぎったことは?と聞かれて、一回もないと即答していた。
お笑い芸人のトップランナーとしてNHKに出演した岡村でも大先輩にはどうにも頭が上がらないか。

2010年4月
« 3月   5月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

当サイトの趣旨については下記のページを御覧下さい。
TV Pickerとは

ご連絡はこちら
TV Picker 編集局

ソザイジテン