2010年 3月

人気ダンスヴォーカルユニットEXILE。
今やテレビ番組も持つなど音楽活動以外でも活躍している。
その中でヴォーカルを担当しているアツシがいいともに出演した。
外見の風貌はボウズにサングラスとイカツイ彼だが、お酒を飲んで酔った時について告白した。
その様子とは・・・。
(以下抜粋)
タモリ:その後、たまに断食しているの?
アツシ:あれ以来・・・。たまにスープだけのとかはやってます。
タモリ: 一日でも。週に1日でも10日に1日でも良いらしいね。
アツシ: そうですね。まぁ、お酒飲みすぎて何にも食べれない日もあるんですけど。二日酔いで・・。
一同 : (笑)
タモリ: EXILEの皆、飲むらしいね・・。
あつし: そうですね。でも最近は気をつけるようにしています。
タモリ: あぁ、そう・・・。みんな酒癖はいい方?
アツシ: 僕は世界一自信があります。酒癖良いですよ。「酒癖選手権」があったら、優勝できる自信があります。
一同 : (笑)
アツシ: 本当に変らないです!
タモリ: 変らないの?酔わないってこと?
アツシ: 酔うんですけど、ハッピーな感じなんですよ。・・・まぁ、ちょっとデレーッとするかもしれないけど。
一同 : (笑)
タモリ: しかし、どっか飲みに行ってEXILEが全員飲んでたら恐いよね。
アツシ: いや、逆にこう巻き込む感じになっていくんで、楽しいと思います。
タモリ: 全員いるんだよ。あのメンバーが・・。見ただけで、相当恐いんじゃないかなと思うんだけどね。
(笑っていいとも 引用)
お酒を飲んでも普段とはあまり変わらなく「酒癖選手権」があれば世界一になれるとのことだ。
お酒を飲めばハッピーな気分になれるということで、メンバーで飲むことはそれなりに多いようだ。
普段は歌声で人を酔わしているアツシだが、お酒の飲みすぎで自身が酔いすぎるということのないようにして欲しいものだ。

料理の腕前に定評があり、レシピ本を発売するなど、お笑いにとどまらず多方面で活動中のチュートリアルの福田充徳。
モデルの太田在との熱愛を報道されるなど、最近はドキッとさせられることも多いようだ。
そんな福田が、私服のファッションにケチをつけられて凹まされているという。
(以下引用)
私のドッキーワード
“微妙ですね”
一同: 笑
小堺: 微妙?
福田: これはね、ウチのスタイリストの女の子なんですけど。私服でね、まぁ着ていくわけですよ。そうしたら、スタイリストが・・・・・・。
小堺: 私服で、来ますね。
福田: 自分が選んで気に入った服を私服で着て行くじゃないですか
小堺: そうだよね。
福田: 楽屋入ったら、スタイリストがいるわけですよ。そのスタイリストが、僕のお気に入りの一着を見て、第一声が「微妙ですね。」
一発目から、いきなりケチを付けられるわけですよ。こっちは気に入って買っているのに。
小堺: 自分は好きなのに。 そういうことが多いわけ?
福田: そうですね。2回に1回ぐらいは「微妙ですね。」って言われる
小堺: 逆に「それ、良いですね。」はないの?
福田: たまにあるんです。たまーに、あるんですけど基本的には「微妙ですね」で・・・。だから、ドキドキするんです。私服着ているとき。
小堺: 「今日、何ていわれるんだろう・・。」
福田: そうそう。
小堺: 徳井さんはあまり言われない。
徳井: 僕? 僕も言われますよ。結構ウチのスタイリスト、ズバズバ言うんで・・。「微妙ですね」ならまだしも、「何か、徳井さん変」って言われるんですよ。
一同: (笑)
福田: 結構、ヘコむんですよね。
小堺: へこむよね。気に入って買ったのにね。ハ~なるほどね。お二人とも、ナイーブな一面でした。
(ごきげんよう 引用)
福田といえば、顔の脂のテカリ、顔がピスタチオに似ている、歯がガタガタ、など容姿をネタにすることも多い。
いっそのこと私服も「微妙」ではなく、思い切りぶっとんだ格好にしてネタにしてみるのはどうか。

「エロかしこい」というキャッチフレーズで活躍中の優木まおみ。
現在はキャスター・レポーター・女優・歌手として、ラジオ・CM・グラビアまでこなすマルチタレントとして活動中である。
バラエイティアイドルとしてもおなじみの優木まおみだが、今、芸能界で1番モテる女だという。そのワケは・・・
(以下引用)
芸能界の謎007
優木まおみはナゼ芸能界で1番モテるのか?
証言1: 話すとき、顔の距離が異様に近い
優木: えぇー!?本当?
上田: スタイリストの横田さんの証言です。「話す時はとにかく顔が近く、しかも目をじーっと見てくる。僕が優木さんのネックレスを直している時も視線をずっと感じた。」
一同: へー・・・。
上田: これね、世界一受けたい授業の総合演出も言ってたわ
優木: ホントですか?
名倉: 打ち合わせで近いの?
有田: だって打ち合わせってさ、絶対テーブルとか挟んでるでしょ?ってことは、変な話キャバ嬢みたいに「いらっしゃいませ。」って言って(原田のひざの上に座る)
名倉: どんな打ち合わせ?!
上田: もはや、勘違いではないな!そこは結ばれているよ!!
徳田: カラダ使うコーナーがあったんですね。そこで、皆でワイワイしてて(優木ちゃんと)初めてしゃべったんですよ。やっぱり目をスゴい見てくるから、ドキドキしてしゃべれなくなってくるから1回ギャル曽根をみてクールダウンする。
上田: (徳田ドツキ)ギャル曽根の名前を出すな!!(優木ちゃん)どお?自覚症状はあるの?
優木: 相手の目を見て話すのは、礼儀としてそうするんです。
名倉: でも、たまに外すのも礼儀だよ。
優木: いや、私あんまりそれが照れないんです。
(しゃべくり007 引用)
その他にも
証言2:酔うと誰にでも電話しちゃう
(酔った勢いで以前気になっていた人に告白めいた電話をする)
証言3:パスポートを持たずに成田空港に来ちゃう
(オッチョコチョイな(ドジな)一面がカワイイ)
等があった。
積極的に相手を勘違いさせるような行動をとっている。
もちろん男を魅了する美貌と色気があっての話だ。
三十路に入ってますます色気を増す優木まおみに注目である。

2009年のM-1グランプリに優勝し、名実共に急上昇中のお笑いコンビ「パンクブーブー」
そんな彼らが、M-1決勝戦での審査時の心境を語った。
驚きのあまりパニックになってしまったという。
さらに、CM中にあることをやらかしてしまい、パニックになってしまったという。
その状況とは・・・。
(以下引用)
黒瀬 :もう決勝の3組に残ったんで、もう何位でもいいやと。3位でも2位でも何位でもかまわない
さんま: 言うてたら笑い飯が舞い上がりよったんやろ。
黒瀬 : けど、袖ではウケてたんです。すごく僕らも絶対負けると思ってたんで、もう余裕で。こいつ(佐藤)は「3位でもいいよ」とか言うから、だから『お前バカ』って言って「男なら2位目指せよ」って
佐藤 : 僕もテンパッテたんで「欲張んなよ」って言って
黒瀬 : 裏でメッチャけんかしてたんですよ。優勝は捨ててたんです。で、笑い飯さんが終わったあとに「結果発表です。結果発表はコマーシャルの後」ってなって、わぁ~みたいになって、コマーシャル明けたら発表しますのコマーシャルの間に、僕がやらかしたんですよ。
さんま: なにおや?
黒瀬 : 笑い飯の西田さんに、もう僕完璧に優勝だと思っているんで、笑い飯さんに
「ヘイヘイ チャンピオンおめでとう」みたいな
さんま: いうたん?
黒瀬 : 言ったんですよ・・・。
さんま: ほんで、どうなったん?優勝ですってなって
黒瀬 : 僕は本当に1票2票入っていればいいと思って
さんま: あれは最後の票なのか 審査員の
黒瀬 : そうなんです。1票ずつ入っていくんです。
さんま: 点数じゃないのか
黒瀬 : だから、最初にボンッって「パンクブーブー」って出たんですよ。『よっしゃ!1票取ったもうOK』って思ったんですよ。
さんま: もう後は 笑い飯 笑い飯 笑い飯
黒瀬 : になると思ってたんですよ。そしたら、次もボンッ「パンクブーブー」ってなって『おぉ2票!ラッキーラッキー』ってなってパン3票、4票ってまた「パンクブーブー」ってなったとき、本当はこれで優勝が決定なんですけど、この頃僕「パンクブーブーって誰だろう?」ってなっていて、もうわかんなくなるんですよ。分からなくて
佐藤 : 途中でバンクーバーとか似たようなのが入ってきて・・・。
黒瀬 : 似たような名前探して
さんま: ああ、そうか。
黒瀬 : で、全部「パンクブーブー」ってなって おめでとうってなって、で「わっ勝った」と思ったんですよ。「ここはガッツポーズ取らなきゃ」って思ってやろうと思ったら西田さんが見えて「あっ俺、やったぜチャンピオン イエイ イエイとか言ったし、あっどうしよう・・・。」って思って・・・。
(ガッツポーズできずに)終わっていったんですよ。このまま。
一同 : (笑)
(さんまのまんま 引用)
決勝戦で黒瀬は1~2票入ればいいと思っていたようだが、次々と票が入ってしまった光景に、夢ではないかと思ってしまったようだ。
出たからには優勝を目指すのは普通なのだろうが、無欲の勝利と言えそうだ。
だが、よもや優勝するとは思ってもおらず、優勝が決まってからもCM中に「笑い飯」の西田に言った事を思い出してガッツポーズもできなかったようだ。

2007年2 月に藤原紀香と結婚し、豪華披露宴が話題を集め、脚光を浴びた陣内智則。
しかし結婚生活は長く持たず、2009年3 月に離婚。原因は陣内の不貞にあったため、バッシングを浴びた。
「堕ちたら這い上がれ」を合言葉に再出発を図る陣内だが、離婚の話題に関しては悩みを抱えているという。
さんま: 傷が癒えるのはまだか・・・。まだ、もうちょっと掛かるな。実は。相手がOLとかだったら忘れられるねんけどな。向こうもテレビに出たり
陣内 : そうです。すごい活躍されているんで。でも、さんまさんはスゴイじゃないですか。もちろん、さんまさんの立場がありますけど、何か、一緒の番組も出たことあるじゃないですか。
さんま: うんうん。2回だけですけどね、本当は。もっと出ているみたいな感じなんですけどね。
陣内 : 連絡もされているんでしょ?
さんま: もちろん。子供と会わなアカンからね。俺のところは。
陣内 : そうですよね。でも、何か素敵な関係だと思いますけどね
さんま: お前らは子供がいないからやで。
陣内 : そりゃそうですよ。
さんま: 子供がいなかったら、大竹さんなんかパーンと(俺のこと)切ってるよ
陣内 : えぇ~~
さんま: 切ってる切ってる。
一同 : えー!!!
さんま: 離婚する夫婦が連絡取るのは、子供いるからだけに決まっているやないか!!
陣内 : そうなんですか?でもほら、遠藤さんも、ココリコの遠藤さんも僕相談するじゃないですか、やっぱ・・・あっ・・でも、お子さんいますもんね
さんま: 子供いるからや、子供いなかったら会わないし、そう言わないって。子供だけ、ホンマに
陣内 : でも何か、復縁か。見たいなのもなかったんですか?
さんま: ウチ? ないないない。
陣内 : あーそうなんですか。
さんま: 復讐はあったけど
一同 : (笑)
さんま: 1年ぐらい怒られていましたからね。俺も。「なんで、あんなこと言うの。本当に」とか言って。ほんで、また何か言ったら電話が来て「何で、あんなこと言うの?」「ウケんねん!」
一同 : (笑)
陣内 : ウケんねんの一言で済むんですね。
さんま: で、6ヶ月ぐらい経ったらね「もう いい」って言っていましたからね。
(以下省略)
だから、お前も紀香ちゃんに言ったらええねん!「しゃべるけど、面白おかしくしゃべるんで・・・」
陣内 : だから、そこが・・・。僕連絡先知らないですもん。知らない知らない、そんなの知らないんですよ。さんまさんから言っておいてもらっても良いですか?
(さんまのまんま 引用)
離婚後の男女の関係は子どもがいるといないとでは大違い。
離婚によって悪化したイメージの修復だけで手一杯の陣内には、藤原紀香との関係修復は著しく困難な問題だろう。
離婚問題で紳助やさんまに甘えているうちは到底無理か!?

2010年3月
« 2月   4月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

当サイトの趣旨については下記のページを御覧下さい。
TV Pickerとは

ご連絡はこちら
TV Picker 編集局

ソザイジテン