2010年 3月

吉本新喜劇の芸人として一世を風靡した山田花子。
女芸人会を率いるなど、女性芸人の代表格となっている。
そんな彼女がごきげんように出演し、小さい頃のエピソードを語った。
あまりに哺乳瓶が好きだったために、小学生になっても哺乳瓶を吸っていたとのこと。
哺乳瓶を吸うことを止めさせるために親が考えた手段とは?
(以下引用)
山田: 私、小学生まで哺乳瓶を吸っていたんです。
一同: えー!!
小堺: ミルクを?
山田: いや、お茶とかジュースとかも
小堺: 何でも?
山田: 入れて、そこでずーーっと。ご飯食べるときも全部、哺乳瓶やったんです。
小堺: グラスからじゃなくて?
山田: うん。で、4歳の時に親が1回やめさせようとして、ワサビを塗ったんです。
小堺: あっ「ウエッ」って辛いから!
山田: で、そのときの記憶が・・・。
小堺: ビックリした?
山田: はい!!
小堺: それで、やめられたの?
山田: やめないです。洗ってまた。
一同: (笑)
小堺: そうだよね。洗えばいいもんね。いつまで吸ってたの?
山田: 小学校4年生ぐらいまで
一同: えーーー!!!!
小堺: それで、どうしてやめたの?
山田: やめたのは、ほんま自然に・・・。
(ごきげんよう 引用)
小学4年生までご飯の時にも哺乳瓶を吸っていたようだ。
止めさせようと考えた親が4歳の時にワサビを塗ったとのこと。
一般的には哺乳瓶は2歳ぐらいになれば吸わなくなるので、4歳でやめたとしても遅すぎるぐらいだ。
一応びっくりしたとのことだが、それでも哺乳瓶はやめられなかったようだ。
美肌ということで光浦靖子から「30歳過ぎてこのツヤはありえない!」といわれる山田花子だが、
もしかしたら、哺乳瓶を吸い続けたおかげで若いのかもしれない!

担当はツッコミなのに、天然ボケのためにいじられることの方が多いロンドンブーツの田村亮。
天然エピソードには事欠かない。
敦 : すごいですよ。ロケバス乗ってても お腹相当減っているんでしょうね。中華街をバスが横切った時に店頭にあるじゃないですか、(料理の)サンプルが。その、サンプルを見ながら、信号待ちで止まりながら・・・。(無言で)パクパクパク・・・・・。
一同: (笑)
敦 : 食べてるんですよ!!!
亮 : ウソだろ。
敦 : サンプルを見ながら(無言で)パクパクパク・・・・
一同: (笑)
亮 : ウソやろ!?それ知らん!!
敦 : で、首かしげた!!
一同: (笑)
敦 : いまいちの味だったみたい!!
森 : すごーい!!(笑)
敦 : 想像するんだったらね、美味しい料理を想像するじゃないですか!!「何でいまいちな感じを想像してんだろう?」と思って。
一同: (笑)
亮 : たぶん、自分が食べたい味とちょっと違ったんやろな
一同: すっごいな(笑)
(おしゃれイズム より)
料理のサンプルを見て、味のイメージを口の中で味わう。
しかもテイスティングしてイマイチかどうかまで判断してしまう。
恐ろしい想像力である。
食事のネタでは麒麟田村のダンボールネタや咀嚼の限界を超えた味の向こう側ネタが有名だが、亮のエア味見!?というのもまた常軌を逸している。

岩井ジョニ男と井川修司のお笑いコンビ、イワイガワ。
ピッチリ横分け黒縁眼鏡、吊るしのスーツと青いヒゲ、まるで高度経済成長期のいわゆる『昭和のサラリーマン』の様な出で立ちでわかせる岩井ジョニ男だが、今まで妻子がいることを隠してきた。
娘はもう小学校1年生になるというが・・・
岩井: その娘の話なんですけども。最近ですね、授業参観に行ったんですよ。今、授業参観って1週間に好きな日を選べるんですよ。好きな時間を。
小堺: お父さんが選べるの?
岩井: 自分の好きな・・・仕事の都合とか色々あるじゃないですか。
小堺: じゃあ、1人だったりするわけ?
岩井: そうなんですよ。小堺さん。私が行ったら、この格好(舞台の)で行ったんですよ。
一同: えー!!!?
井川: いや、正装ですからね。スーツ着てネクタイしてますから。
一同: えー!!
岩井: このスーツで行ったんですよ。そしたら、ホントに1人だったんですね。誰か来るかなと思ったんですけど、待てど暮らせど誰一人来ない。そのうちですね、まぁ1人だから目立つじゃないですか。
小堺: 後ろに立ってんでしょ?
岩井: 後ろに立っているんです。そしたら、子供たちがパッと後ろを見ますね。その時に、これチョビ髭にですね、まぁ子供たち食いつくんですよ。ちょび髭なんていないから。ほんでまぁ「おい、ちょび髭が来てるぞ」つって周りのやつを叩いたりして「おい後ろ向け後ろ向け。」「ちょび髭来てるぞ」言って。
みんながワーワー騒いじゃって、もう元通りにならないくらい。それで、もう一度、娘の方を見たら、泣いちゃっているんですよ。
やっぱり、こういう親が来るとね。そうなんです、それで泣いちゃって、もう授業にならないから、電話かかってきてないのに電話もって「はい、はいはいはい。」そのまま出て行ったんですよ外に・・・。それで、仕事をして家に帰ったら、娘が挨拶もしてくれないんですよ。
(省略)そうしたら、妻が娘に「なんで、お父さんに挨拶しないの?お父さんが一生懸命働いてきて稼いでくれているからご飯とか食べれるんだよ。あなた、お父さんのことをなんだと思っているの」そしたら、娘が一言「泥棒」って言ったんですよ。
(ごきげんよう 引用)
仕事とプライベートを完全に切り替えて父親らしいまともな格好で授業参観に行く気はなかったらしい。
娘が怒るのも当然である。
しがない芸人が幼い娘の理解を得るのは難しいだろう。
果たして岩井が泥棒から父親に昇格出来る日は来るのだろうか?

「ガンダム芸人」など、ある共通の趣味や特徴を持った芸人を集めてトークする企画、いわゆる「くくりトーク」が特に人気を博している「アメトーーク!」。
今回は持ち込み企画プレゼンで『気にし過ぎ芸人』~色々と気にし過ぎて生きにくい芸人~がアピール。
(以下引用)
又吉:メンバーがカリカ家城さん、南海キャンディーズ山ちゃん、オードリー若林さん、ハリセンボン箕輪。
一同: あー・・・。わかる
又吉: 特徴がありまして、気にし過ぎ芸人はまず、焼肉に行っても焼けた肉を自分が食べて良いか迷う
蛍原: いいやろ。焼肉や行ってんやから。食べようよ。
家城: いや、すごいバランスを考えます。そのテーブルでペースの速い方がいると「あれ?これ今、均等に肉がわたっていないぞ」みたいな
蛍原: えー。そんなことまで考えるの。それはちょっと気にし過ぎやなぁ
又吉: あとですね。友達と遊んでいて、自分だけ帰る状況になった時、残る人たちに「悪口言わんといてな」と言ってしまう。
一同: (笑)
陣内: 気にしてんなぁ・・。言わへんやろ。
蛍原: 友達同士やから、悪口言わへんて。
又吉: 他にですね。どんなに仲のいい先輩に誘ってもらっても、突然誘われるとですねその先輩の笑顔を見るまで怒られるとしか考えられない!!
一同: (笑)
蛍原: 何でやねん!!仲良いんやろ!?
又吉: 仲良い先輩なんですけど、「俺何かやってしもたかな?」って気になって・・・。
蛍原: 気にし過ぎ。
(アメトーーク! 引用)
気を遣いすぎて、疲弊してしまうタイプの人間である。
「空気を読め」という文化をもつ日本人には多いタイプなので、共感出来る人も多いのではないだろうか。
もっとも周囲を気にしすぎる性格は「メランコリー親和型性格」とも言われ、うつ病になりやすいといわれている。
あまりに気にしすぎて心身のバランスを壊さないと良いが・・・。

一見おしとやかに見える演歌歌手の石川さゆりだが、実は海外旅行も一人で行ってしまうほど、アクティブな女性である。
娘と旅行にいくこともあるそうだが、今まで来訪した国は、イギリス・チェコ・モンゴル・アメリカのグランドキャニオンそしてアフリカのケニアと多岐にわたる。
そんな石川さゆりが海外旅行を楽しむためのテクニックとは!?
石川: えーっと やはりね現地に行って子供たちを友達になるというのはとっても・・・。大人はやはり難しいですね。でも、子供っていうのはお友達になりやすいです。
子供とお友達になるためには私はいつも、日本のおもちゃを持っていくんです。それも、かさばらない、軽いもの。折り紙とか、紙風船とか。
小堺: 紙風船なんかは面白がるでしょう?
石川: そうなんです。それで、折り紙なんかも色々なものを折ってあげると、すごく一緒に遊べるんですね。そうやって子供と友達になると、モンゴルとかに行って馬に乗ってたりする子だったりすると「ウチに遊びにおいでよ。」って言ってくれたりして、ホントにあの遊牧の方のお家にね・・その子の家に遊びに行ったりとか・・・楽しかったですね。
だから、まず子供と友達になれるような・・・
小堺: 紙風船とか折り紙とかってきっとビックリ。見たことないんでしょうね、紙風船なんて・・・。まず、子供と仲良くなる。
石川: 2つ目は、忘れちゃならない醤油。
山本: 醤油。そっか~。
石川: もう本当に食べるものはその国いろいろな・・・それで、なかなか「うわー・・。」って言うのもあるんですよ。でも、醤油を持って行くとどうにかなるんですね。
小堺: 醤油って美味しいね。それこそ、やっぱり肉なんかでも海外にステーキソースなんかもあるけど、お醤油を持っていくとね・・。
石川: それにちょっと足らすだけで美味しくなる。 お醤油を持っていく。
それから、旅行に行ったら必ず・・・。各国いろいろな観光地とかおしゃれな所とか楽しいですけど、その町の市場、皆がお買い物する市場。時々ちょっと怖い所もありますけど、アフリカなんかでも市場。どこに行っても、皆が生活している市場を見に行きますね。そうすると、食べ物にしても雑貨にしても、いろんな面白いものが見られる。
(ごきげんよう より)
海外旅行を楽しむ秘訣は「人とのコミニュケーション」と「食」と「市場」にあった。
現地の子供と親しくなるテクニック、どんな食材も食べやすくなる魔法の醤油、その国のその場所の息遣いが垣間見える市場。
海外旅行に行く際は参考にしてはいかがだろうか。

2010年3月
« 2月   4月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

当サイトの趣旨については下記のページを御覧下さい。
TV Pickerとは

ご連絡はこちら
TV Picker 編集局

ソザイジテン