2010年 2月 27日

2009年M-1グランプリ王者の”パンクブーブー” がダウンタウンDXに初登場した。『数字で見る芸能界』のコーナーで、M-1グランプリ優勝にまつわるエピソードについてパンクブーブー佐藤が話した。
 その事件のおかげで、寄ってくるファンすら疑ってしまうほど生きた心地がしなかったという・・・。
(以下抜粋)
『パンクブーブー佐藤の18時間』
―この数字はいったい何!?―
M-1の優勝賞金を持ち歩いた時間。 
先日M-1の賞金授与式が大阪で行われました。
現金か振込みか選べるんですが、振込みだと2~3ヶ月先になるらしく、その場で現金で頂きました。
しかし、すぐに銀行に行くことができず大金を持ち歩く羽目に・・・何をするにも気が気ではなく18時間生きた心地がしませんでした。
佐藤: はい。そうなんです。
浜田: まぁ1000万だから、500万
佐藤: 500万ずつなんですけど、授与式がNGKっていう所であって そこで貰ったんですけど、現金を生でドン!!とくれるんですよ。僕もそんなこと知らないんで、ホテル近いんでカバンも持ってきてないんで・・・裸のまま頂いて、バックがないんで もう楽屋のお饅頭の包みに包んで・・・
松本: まぁ、裸よりはまぁ・・
佐藤: 裸よりはいいと思って・・・これはお菓子だと思い込んで、それで外に出るんですよね。そしたらファンの方とかが、ワーって結構でまちの方がいらっしゃるんですけど、もう、全員ポップなひったくりに見えるですよ。
松本: でも怖いよ
佐藤: 全員がこれを狙っているみたいに思っちゃうんですよね。・・・そうなんですよ。だから(ファンが)『写真とっていいですか』みたいな言うんですけど、このフラッシュで僕の目を眩ませておいて、こっちの子が奪って、それを向こうの子に渡して逃げるんだろう!!そういう手はずに決まってる!!みたいな。
松本: まぁ、疑心暗鬼になるわなぁ
(以上ダウンタウンDXより)
500万円の現金をすぐに手にしたいばかりに、入れるカバンもない状況で受け取ってしまうとは恐れ入る。
無謀というか、肝が据わっていると言うのか・・・。
しかしいざ大金を生で手にした時のあわてぶりは絵に描いたように典型的である。
M-1王者といえど大成が保証されたわけではない。パンクブーブーが飛躍できるか、今後に注目である。

今やティーンのカリスマと評されて人気急上昇の歌手と言えばそう、西野カナ(20)だ。
彼女はオーディションによって、応募総数40,000人の中から選ばれた歌声を持つ。
「ティーンのカリスマ」「1/40000の奇跡のガーリーヴォイス」と称される一方、
話す言葉は三重弁松阪弁で、田舎娘の顔も持つ。
そんな彼女だからこそなのか、今でも都会のど真ん中で
土着の風習を実行し続けているというから驚きだ。
(以下引用)
西野カナ「西野家では、午後から新しい靴をおろすときは、靴の裏を火であぶるんですよ」
キンコン西野「え~?」
西野カナ「これはかなりナチュラルな話ですよ」
キンコン梶原「何いってんの?」
西野カナ「109で靴買って、どうしても履きたい。ってなって。
    そんときに炙って、友達に何やってんの?って」
キンコン西野「なるなる」
西野カナ「そっからおかしいのかな?って」
キンコン梶原「今でもやってんの?」
西野カナ「今でもです」
アナウンサー「三重県文化振興室に問い合わせたところ、松阪市周辺で行われてるところもあると」
西野カナ「私松阪市出身です」
キンコン梶原「えっ?じゃあまわりもやってんの?」
西野カナ「友達もやってますよ」
キンコン梶原「ええ~っ?」
キンコン西野「へんてこなまちっ」
(以上音楽戦士MUSIC FIGHTERより)
どうやら「夜に新しい靴をおろすときは靴の底を火であぶる」という迷信めいた風習があるらしい。
この他にも
「お墓で転んだら靴を置いていく」、
「ものもらいのときはへそに塩を塗りこむ」
など様々な西野家ルール?があるらしく、今でも忠実に実行しているらしい。
彼女は、2008年に史上最年少で「みえの国観光大使」に任命されていることもあり、
地元のアピールも仕事のうちなのだろうが、これでは三重県のイメージアップにはならない!?

2010年2月
    3月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728

当サイトの趣旨については下記のページを御覧下さい。
TV Pickerとは

ご連絡はこちら
TV Picker 編集局

ソザイジテン