2010年 2月 19日

2月17日の”グータンヌーボー”に長女役・江角マキコが出産休暇から4ヶ月ぶりに復帰した。
江角の存在で ピッ!!と番組が引き締まる。グータンヌーボーファンにはうれしい復帰ではないだろうか。
江角も番組内でガッツポーズで復帰の喜びを表していた。
江角が出産休暇に入ってからグータンで変わったことといえば、四女役・長谷川潤(viviモデル)のレギュラー入り。
江角と長谷川は初の共演となる。
長谷川はさることながら、他の姉妹も恐縮しっぱなしの様子。
やはり江角の威圧感は相当か。
(以下抜粋)
優香・松嶋 : 姉さん、お帰りなさい!!
江角     : 帰ってきたよ~^^  ・・・・あら?潤ちゃん。
優香     : (笑)
松嶋     : 潤ちゃん、くれぐれも粗相のないようにな
長谷川   : はい!!
(グータンヌーボー参照)
復帰早々、番組内で新参の長谷川に釘をさすとはさすが江角。
はたして長谷川は、江角の逆鱗に触れないよう番組内外でうまく立ちまわれるのだろうか。
長谷川のタレントとしての成長と4姉妹がそろった今後の展開に期待である。

1981年8月2日に新宿コマ劇場25周年記念作品として初上演され、それから毎年夏に公演されている『ピーター・パン』。
日本においても『ピーター・パン』を基にした公演は様々な形で行われているが、大手芸能プロダクション・ホリプロが制作を手がけるブロードウエイミュージカルはその中で最も著名なものといえる。
そのミュージカル『ピーター・パン』を公演するきっかけとなったのが、和田アキ子であることをご存知であろうか・・・。
しかし、公演の裏にはホリプロの社長と和田との間には大きな行き違いがあったそうだ。
(以下抜粋)
勝俣 : アッコさんは年に何回か海外にショーを見に行くのが、もう、スケジュールに入っているんですよ。
で・・・たまたま海外でピーターパンを見て「これは凄い!日本に持ってきたら絶対うける。
で、「やるのはアッコや!!」って決めて帰ってきてホリプロの会長に「海外でピーターパンって言うのがやっているから見に行ってくれ」って言ったら会長が、すぐに見に行って・・・
で、帰ってきて「アッコすごいなぁ・・・ピーターパン。日本でやろう!やるなら・・・やるなら郁恵だ!!」で郁恵さんが初代のピーターパンになったんですよ。
松本 : いやまぁ、そうでしょう。アッコさんはあれ・・・無理やろ・・・。
(アッコさんがやったら)超人ハルクでしょう!!
(一同笑い)
(以上ダウンタウンDXより)
確かに、和田アキ子がピーターパンだと夢あふれるというより、大きな威圧感と恐怖を与えてしまうだろう・・・
榊原郁恵を初代ピーターパンに抜擢したホリプロ社長のキャスティング力は流石としか言いようがない。
しかし日本の代表的なミュージカルの契機となった人物が和田アキ子とは驚きである。
興業の先を見抜く眼力は確かなものなのか、あるいはただ自分がやりたいという思いだけだったのか。
結果的には、主役を取られた恰好となったわけだが、榊原郁恵との確執はない!?

2010年2月
    3月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728

当サイトの趣旨については下記のページを御覧下さい。
TV Pickerとは

ご連絡はこちら
TV Picker 編集局

ソザイジテン