2010年 2月 13日

2月12日の放送で1000回目を迎えたミュージックステーション(テレビ朝日)。
記念スペシャルとあって、事前には東京メトロ全線ジャックなど大々的な宣伝が行われた。

番組では、これまで出演した1000組の初登場シーンの一挙レビュー、
YUKIの5年ぶりの出演、海外からは世界的ポップアイドルグループのバックストリートボーイズの出演など
気合の入った3時間生放送となった。

男性アーティスト出演回数歴代6位を誇る「嵐」も出演。
(ちなみに1位から6位までは全てジャニーズ)
今や国民的アイドルグループとなった彼らはジャニーズの顔でありMステの看板アーティストとも言えよう。
しかし1000回記念であるにも関わらず一人足りない。
櫻井翔だけがバンクーバーオリンピックのレポーターを理由に欠席したのである。
嵐が披露する際には、事前撮りした櫻井の歌唱シーンを背景映像やCG合成。映像での出演となった。
CG映像などの技術はMステの十八番といえばそうだが、この違和感のある光景に、インターネット掲示板の実況スレッドではコメントが殺到、異様な盛り上がりを見せていた。

高学歴を売りにNEWSZEROでキャスターとしての道を歩みはじめた櫻井翔。
歌番組1000回記念と4年に一度のオリンピック、秤に掛けるのは難しい話だが、櫻井個人としては「嵐」の活動よりも日テレ五輪キャスターを優先した格好だ。
一部では同じジャニーズのV6がメンバー内格差が原因で解散危機とのうわさもある。

現状で櫻井が嵐を脱退ということは考えにくいが、今後は個人活動をより優先させていく構えであることに間違いはない!?

2010年2月
    3月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728

当サイトの趣旨については下記のページを御覧下さい。
TV Pickerとは

ご連絡はこちら
TV Picker 編集局

ソザイジテン