生活

8/8放送の笑っていいともで、品川プリンスホテル『ハプナ』バイキングメニューベスト10が発表された。
「気になる人気ランキング1位じゃナイン」という企画で、あるテーマのランキングのベスト10の中から1位ではない物をレギュラー陣とゲストらが1名ずつ選んで当てていくものだ。

今回のテーマは、「家族で行きたい!品川プリンスホテル『ハプナ』バイキングメニュー」というもの。

・「最新!最強!究極のマジうま食べ放題2011首都圏版」で読者1位を獲得!
・和・洋・中・アジアン料理など約80種類が食べられるディナーバイキング 大人5,500円/小学生3,300円
・北海道の食材をふんだんに使った北海道フェアを開催中

調査した結果は以下の通りである。

1位 ハプナ特製 ローストビーフ

2位 ズワイガニ 蟹酢添え

3位 北海道 勝手丼

4位 北海道産 ラベンダーポークのしゃぶしゃぶ

5位 蝦夷鹿肉の網焼き

6位 身体に優しい飲むサラダ

7位 まるごと鱸のオーブン焼き

8位 中華風ジンギスカン

9位 ズワイガニ入り五目御飯

10位 半熟たまごのトリュフソース

(ディナーメニュー)

落ち着いた雰囲気のダイニングで、ゆっくりと約80種のバラエティー豊かな料理を味わうことが出来るそうだ。

7/27放送の笑っていいともでは、「目指せ連続正解クイズ!わかってない」のコーナーで、意外と知っているようで知らない人体の不思議クイズが行われた。
テーマに沿ってその分野の専門家に来て頂き、実際に『意外と理由がわかっていない事』を「わかってる」or「わかってない」でレギュラー陣らが当てる。

今回のテーマは「人間のカラダ」で、医学博士の吉田たかよし博士が、解説員として登場した。
質疑応答は以下の通りである。

■夏バテすると食欲がなくなる理由は、分かっている?分かっていない?
→分かっている。
汗をかくことによって体内の水分が不足してしまい、胃の消化液が出にくくなり、食欲がなくなってしまう。
そして、食欲がなくなると素麺や蕎麦など、食べやすい物を食べてしまうが、それによってたんぱく質やビタミンが不足し、胃の粘膜が荒れてしまい、更に食欲がなくなるという悪循環が起きてしまう。
夏バテには、胃腸の夏バテと脳・神経の夏バテがある。

胃腸の夏バテ予防法
・たんぱく質とビタミンが多く含まれているバランスの良い食事(うなぎや豚肉など)
・よく噛んで食べる
・食事中は冷たい飲み物は飲まない(ホットミルクが良い)

脳・神経の夏バテ予防法
・睡眠をたっぷり取る
・屋外と屋内の5℃以上の温度変化を避ける
・足水で身体を冷やす。首を冷やす。

■なぜ、食後に運動するとわき腹が痛くなるのか、分かっている?分かっていない?
→分かっていない。
従来は、脾臓が痛むと考えられていた。
しかし、胃や腸なども痛む場合があり、どんな場合にどこが痛むかハッキリと分かっていないそうだ。
準備運動を10分くらいすれば痛まないと言われている。

■なぜ、お酒を飲んだ後にラーメンが食べたくなるのか、分かっている?分かっていない?
→分かっている。
お酒を飲むと肝臓がアルコールの代謝に手いっぱいになり、糖分を作れなくなる。そうすると血糖値が下がり、脳はお腹が減ったと勘違いして、食べたくなるそうだ。
なぜラーメンなのかは、麺類とお米は炭水化物なので、肝臓を使わなくても血糖値を上げることが出来る。そのため、お酒のシメには雑炊やおにぎりや蕎麦が好まれるようになるようだ。

医学の進歩により多くの事が分かってきてはいるが、まだ未知の部分も多いようだ。

今年の夏は一般家庭でも15%の「節電」が要請されているが、7/2放送の所さんの目がテン!で、冷蔵庫の節電法を徹底検証された。

節電アイテムとして今注目されている、冷蔵庫内のビニールカーテン。
街で尋ねてみると、30人中28人が「冷気を閉じ込めるので、ビニールカーテンありのほうが節電になると思う」と答えた。

そこで、実際に主婦の方2人に協力してもらい、実験を行った。
一般的な冷蔵庫に60品目の食品を詰め10分間待ち、主婦の方に1分間に1品目ずつ発表されるお題の食品を取り出してもらい、計60回の開閉で消費する電力を測定するというものだ。
結果は、カーテンなしの消費電力は134Whで、ビニールカーテンありの消費電力は154Whという、カーテンありの方が電力を多く使うという結果になった。
2人目の主婦の方も、ビニールカーテンありの方が11Wh多く消費した。

なぜ逆効果になってしまったのか、専門家によると「ビニールカーテンを付けることで中が見えにくくなり、取り出す時にも邪魔となり、開閉時間が長くなったためと考えられる」と説明している。
実際に1時間の実験中、冷蔵庫の開閉時間は、カーテンなしでは9分2秒だったのに対し、カーテンありの場合は11分32秒と、2分30秒も長くなっていた。

冷蔵庫内の整理整頓をきちんとして、なるべく開閉時間を短くするなら、節電になるそうだ。

内科に行くと大概お医者さんに、胸や背中を指でトントンとされるが、一体何を調べているのか、6/22放送のシルシルミシルで調査された。

出演者は、くりぃむしちゅー、いとうせいこう、次長課長、夏目三久。

■なぜ胸や背中をトントンとするのか?
→これは打診法といい、叩いた時に返ってくる音で、肺が正常かどうか調べている。
肺に水が溜まっていると、響かない鈍い音に変わり、肺炎の恐れがある。
そのような音は、医学生用の教材に音が収録されているそうだ。
打診法の歴史は古く、1761年にオーストリアの医師が考案して以来、250年以上も使われている医療技術だ。

■目のチェックは、何の為にしているのか?
→目と下瞼の裏の色を見ている。
白目が黄色なら、肝臓に異常があり、肝炎や肝硬変の恐れがある。
下瞼の裏の色が薄いと、赤血球が不足していて貧血気味である。
これらに当てはまっていたら、原因をさらに調べる必要がある。

■喉のチェックで、何が分かるのか?
→喉の軽い炎症程度なら、風邪薬やうがいなどで治るが、白いプツプツが見えたら要注意だそうだ。
悪化すると首に膿が溜まり、手術が必要になることもある。
鏡を見て白いものが見えたら、すぐに病院に行く必要がある。

■なぜ首もとを触るのか?
→リンパ節に腫れやシコリがないか確かめている。
もし硬いシコリがあったら、咽頭ガンや肺ガンの恐れもあるので、レントゲンを撮ったり、精密検査をするそうだ。

一見単純な作業に思えるが、重大な病気ではないかどうか診ていることが分かる。

6/6放送の笑っていいともで、人気の習い事ベスト10が発表された。
「気になる人気ランキング1位じゃナイン」という企画で、あるテーマのランキングのベスト10の中から1位ではない物をレギュラー陣とゲストらが1名ずつ選んで当てていくものだ。

今回のテーマは、「女性が週末に学びたい人気のお稽古」というもの。
調査した結果は以下の通りである。

1位 料理 

2位 英会話

3位 ヨガ

4位 パソコン

5位 美容・スキンケア

6位 アロマテラピー

7位 メイク

8位 陶芸

9位 心理学

10位 音楽

(ケイコとマナブ.net 調べ)

「英会話」は以前から上位にランキングしていたが、最近特に英語を公用語とする企業が増え始めていることと関連して、習い始める人が多いようだ。
また、ベスト10には入らなかったが、急激に順位を上げた習い事の中に「中国語」がある。
仕事で必要とされる言語といえば、これまでは英語の独擅場だったが、将来を見据えて中国語への関心は着実に高まりつつあるようだ。
このことからも「人気の習い事は世相を表す」と言っても過言ではないかもしれない。

2017年4月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

当サイトの趣旨については下記のページを御覧下さい。
TV Pickerとは

ご連絡はこちら
TV Picker 編集局

ソザイジテン